入園バッグの名前つけに注意しなければいけないこと

子供たちが成長し、幼稚園や保育園に入園することになると、子供たちの宝物ともいえるのが入園バッグでしょう。 小学校のランドセル同様、この入園バッグをもって何ができるか、それだけでも夢が広がっているはずなのです。

それぐらい、いろいろな思いが詰ったバッグですが、誰もが同じものを持って歩くということを考え、名前つけをしてあげなければいけないでしょう。
ですが、ここ最近問題になってきているのが、一目でその子の名前まで判別できることの危険性です。
こういった情報を悪用した犯罪もあることから、できれば名札のようにすぐにわかることは避けたいところでもあるでしょう。

名前つけの方法としては、入園バッグがどんな形であるかという問題も出てきます。
ふたが付いていたりすれば、その裏に書き込みするのもいいでしょう。
その時には、お名前スタンプも役立ちますし、アイロンがかけられればお名前シールのアイロンシールもわかりやすくていいものとなってくれます。

しかし、どんなところでもそういったバッグとは限りません。
そんな時には、キーホルダー型になっているキッズマークホルダーもあります。
大きさも種類がありますが、子供用のキャラクターやマークとともに名前が入っているキーホルダーです。
名前の大きさは小さく書かれているので、一目で名前までわかるとは言えないでしょう。
キーホルダータイプですから、目立たないようにすることもできますし、ストラップなどに結び付ければわかりやすいものにすることもできます。

フレキシブルな対応ができるようになるため、向いている方法といえるでしょう。
[入学入園準備でお忙しいお母さんへ!] アイロンでピタッと貼り付け!! 耐久性にすぐれて仕上がりキレイ♪ |お名前シール・お名前スタンプはお名前つけ.netへ!
ページのトップへ戻る